必殺仕事人V の演出モード(2)

CR 必殺仕事人V の演出モード
今回は CR 必殺仕事人V の時間短縮&確率変動時の演出モードを説明します

CR 必殺仕事人V の時短中
通常図柄の大当たり終了後100ゲーム突入する。
この場合、表稼業系リーチや悪人リーチに発展しない。

仕事人出陣チャンスにも暗転以外で行くことはない。
「おとつ」が出現すればステップアップでも
おとつ追っかけチャンスでも捕獲が確定となる。

CR 必殺仕事人V の『必殺仕事人モード』
突然確変に当選するとこのモードに突入する。
背景は夕方の城下町、極悪人リーチの相手が悪徳商人に固定される

時短と同じく表稼業系リーチや悪人リーチに発展することはない。
極悪人で当たることはないし、
極悪人非経由のリーチも出現しなくなっている

捕物ストーリー予告の代わりに
実写のウインドウ形式のステップアップとなる。

CR 必殺仕事人V 『必殺裏稼業モード』
確変時に突入するモード。
背景は夜の城下町に固定される

さらわれた「おふゆ」を救出するために
極悪人を倒していくという設定となり、
極悪人リーチ時にラウンド終了時に指定されたものが登場する。

連極悪人は基本、刺客→下忍→くのいち→虚無僧→筆頭となるが
初回のみ下忍からスタートとなる。

CR 必殺仕事人V さらわれるキャラクターは5連荘ごとに
「おふゆ」→「おあき」→「田中様」→
「せん・りつ」→「玉ちゃん」→「たぬ吉くん」→
「たぬ吉くん・金」の順に変化していく。

演出的には 必殺仕事人 モードと同じ。

無料会員登録で CR 必殺仕事人V の攻略法をゲットしよう
パチンコ攻略法を「試してみませんか?」本物の攻略法の威力を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。